Archive for the ‘未分類’ Category

将来型

a0001_013081
日本のような超高齢化の社会では、老後の生活に不安を感じている人が大勢います。歳を重ねるごとに人間の身体は徐々に衰えていくものですが、それと同時に頭の働きというものも徐々に低下していきます。特に高齢者の場合、認知症や痴呆症を患ってしまう可能性があるので、老後の生活に関しての不安を感じるのは当然のことではないでしょうか。

身体の自由が利かなくなってしまった場合、家族や周りの人たちの助けを借りながらであれば何とか日常生活を送っていくことができますが、万が一、認知症や痴呆症などの理由によって判断力が低下してしまった場合には周囲の人たちとのコミュニケーションを取ることすら難しくなってしまいます。また、判断力が低下することで詐欺の被害に遭うなどのリスクも高くなります。
そこで的確な判断ができなくなってしまったときに備える手段として任意後見人制度があるのです。

任意後見人制度は、本人の判断力が正常、もしくは判断力が低下していたとしても自分自身で後見人を選ぶことができる人がこの制度を利用することができます。なお、任意後見人制度には三つの種類がありますが、その中の将来型と呼ばれる形態では本人の判断力が正常なうちに任意契約のみを締結しておき、判断力が低下した後に任意後見人による保護を受けるというかたちになります。

即効型

日本という国は世界でも有数の高齢化社会となっていますが、そのような状況の中で誰もが不安に感じてしまうのが自分の老後の生活についてです。

高齢者対策として最近始められた制度としては介護保険制度と成年後見人制度のふたつがあります。
介護保険制度の場合、高齢者が日常生活を送ることが困難となった際には介護サービスを受けられることになっていますが、この制度では認知症などで判断力の低下してしまった高齢者を十分に支援・保護をすることができません。判断力の低下してしまった高齢者の場合、自分の預貯金の管理などに関して適切な判断を下せないことがあるからです。
その結果、他人に騙されるなどの経済的な損失を受けてしまう可能性があります。

そのような判断力の低下してしまった高齢者の預貯金などの財産の管理をはじめとした事務を、高齢者の代わりに行なってくれる人に対して代理権を与える制度のことを成年後見人制度といいます。
成年後見人制度には任意後見人制度と法定後見人制度のふたつがありますが、高齢者の判断力がまだ十分にある場合に利用されるのが任意後見人制度です。

そして任意後見人制度でも即効型と呼ばれているものでは、その契約の締結後、すぐに家庭裁判所に任意後見監督人選任の申立てを行うことになります。
この場合、たとえ本人に認知症の症状が現れていたとしても、その症状が軽い場合には本人が後見人契約を締結することはできるため、家庭裁判所から任意後見監督人選任が行なわれると同時に後見人による高齢者の支援・保護が速やかに始められるという点が特徴です。

移行型

後見制度は判断能力を有していない者を保護する為設けられた制度で、後見人とは判断能力が衰えた者を援助する人です。
本人に判断能力を有しない為に裁判所の審判によって選出される法定後見人と、本人が判断能力をまだ判断能力を有している間に、将来判断能力が衰えた時に備えて契約をする任意後見人があります。

任意後見人には3種類の型があります。 将来の判断能力が衰えた時に備えての将来型で、親族が受任者である場合に利用されます。任意後見契約を締結をした後に、即任意後見契約を発行させる後見人で、即効型と呼ばれます。

しかし、契約と同時に任意後見契約を発効させたことを十分に理解しているのか問題になることがあります。 これらに対し移行型は、本人の能力がまだ十分な間は、見守り契約として、本人の判断能力が衰えた後に任意後見契約に移行するものである。
この契約は、一気に任意後見人になるのではなく、徐々に移行することで、お互いの考え方が分かり、安心して任意後見人を任せることが出来るメリットがあります。

しかし、この制度を利用して、委任者の財産が横領される被害が発生しております。 この不正を防止する為には、契約内容の確認と、任意後見監督人選任申立の義務化や報告を義務化する等、信頼だけでは無く後見人を監督する必要があります。

 

任意後見契約の種類

任意後見契約とは、制度を利用したい本人が将来、判断能力が低下した場合にその、後見事務の内容と本人に代わって後見する人をあらかじめ決めておく制度のことです。
この契約は家庭裁判所に後見人の申し立てをすると家庭裁判所から任意後見監督人が選任され本人が指定した人の監督をすることになります。}
ここで注意が必要なのは、この制度を利用する際に、後見人を選出、指名する際にはちゃんと契約を締結することができる能力があることが絶対状態です。

次にこの制度には、3つの種類があります。
1つ目は即効型です。本人の判断能力が低下してきているのこの契約を結んでから、すぐに後見を開始させる手続きを行うものです。
ただ、この契約を結ぶ際の条件であるまだ、契約を締結させることができる能力がこの時点であるかが重要です。

2つ目は移行型です。契約してから本人の判断能力が低下し、実際に後見が開始するまでの間に、財産の管理等のサポートを委任したりする際の種類です。
病気などであまり体調が優れないので財産管理を予定していた後見人に委任する際などはこの種類に値します。

3つ目は、将来型です。契約を結んでから、将来的に判断能力が低下した際に後見をさせるものです。
ここで注意なのがこの契約型の場合、契約から後見が必要になった時までに期間があくので本人と後見人予定者間で何らかの書面で将来、判断能力が低下した際に後見人と指定した旨を記載していた方が後からもめなくていいです。

補助

判断能力が十分でない人は、財産管理が困難であったり、取引内容を理解して契約を締結することができない場合があります。
こういった人々を保護するための制度が成年後見制度です。

3つの類型の中から、保護を必要とする人の判断能力の状態によって適用する制度を決定します。そのうちの補助とは、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な者について、家庭裁判所の審判によって開始するものです。
本人の自己決定権を尊重するため、本人以外の者による請求により審判を開始するには、本人の同意が必要とされます。

開始の審判は、同意権付与の審判、または代理権付与の審判とともになす必要があります。
開始の審判をするとき、家庭裁判所は職権で、本人の意思決定を手助けする者を選任します。
選任にあたっては、本人の意見、心身の状態、財産の状況等を考慮しなければなりません。

同意権を付与した場合に、選任者の同意を必要とする法律行為を同意なしに行うと、選任者はこの行為を取り消すことができます。
代理権を付与したときは、特定の法律行為について、選任者が本人を代理することができます。
もし本人の事理弁識能力が回復した場合には、家庭裁判所は本人等の請求により審判を取り消すことになります。

保佐

任意後見制度の種類には3種類あります。その中のひとつに、保佐があります。これに該当するのは、知的障害や痴ほう症、精神障害などで判断能力が著しく不十分な人が対象となっています。これは、買い物など日常生活における簡単な判断なら可能だけれど、不動産の購入など法律に関わる重大なことにおける判断が難しい、という場合のものです。
選任は、家庭裁判所が行い、さらに特定の法律行為に対しての代理の権利を与えることが可能です。また、選任された人物、本人が行なったとされる法律行為に関しては取り消すことが出来ます。

任意後見制度には、これ以外にも後見と補助があります。対象者の判断能力によって変わり、出来ることも異なります。

元々、任意後見制度は将来精神上の障害などで判断能力などに支障をきたす可能性がある生活や、療養生活など看護、財産の管理に関係のある事務などの代理権を与えることが可能です。
これを利用するには、任意後見契約の締結を行ないます。

その後、実際に前述しているような状況になったときに、申し立てを行なうことが出来ます。それから家庭裁判所が任意後見監督人を選ぶことで、この任意後見人が代理権を行使することが出来るようになるのです。

後見

現在が健康であるからといって将来までも同じような健康状態を維持し続ける保証はどこにもないのです。現在はとても健康で若者と同じように公道をすることができるような方でも、将来的に何らかの病気になってしまったりする可能性も十分にありえるのです。

また、痴呆症にかかってしまうというケースも有ります。そのようなときに、自分で判断をすることができなくなると、財産の管理などの問題が残ることになってしまいます。

そうした時には、きちんと財産を管理してくれる任意後見人というのを健康な状態のまま定めることができるのです。そうしておけば、もしも将来的に自分が痴呆症などにかかってしまって正常な判断能力がかけてきたとおもった時に、事前に定めておいた人によって財産の管理などを行ってくれるようになるのです。

そうすることで、自分が病気などになってしまった後でも安心をして家を管理して存続させていくことができるようになるのです。財産を持っていて、その人が判断能力にかけているというので、その人の財産に群がるというようなことも珍しくありません。
そうしたことを避けるためにも、なるべく、健康な時のあいだにそのような管理について考えておくべきでしょう。

任意後見制度の種類

任意後見制度の内容は一律に定められるわけではなく、契約内容に応じて、将来型、移行型、即行型の三種類があります。

まず将来型とは、十分な判断能力を有する本人が、契約締結の時点では受任者に後見事務の委託をせず、将来自己の判断能力が低下した時点ではじめて任意後見人による支援や援助を受けようとする場合の契約形態のことを指します。
次に移行型とは通常の任意代理の委任契約を任意後見契約と同時に締結し、当初は任意代理の委任契約に基づく財産管理等を行い、本人の判断能力低下後は任意後見契約に移行して、後見事務を行うことを想定した形態のことを指します。

そして即行型とは、軽度の認知症、知的障害、精神障害等の状態にある法定後見制度の補助の対象者でも、契約締結の時点において意思能力を有する限り、締結することが可能な利用形態です。
そして、この場合、本人の判断能力が既に不十分な状態にあることから、家庭裁判所に任意後見監督人の選任の申立てを契約締結後、直ちに行い、契約の効力を発生させる必要があり、例外的な利用形態であるといえます。

このように任意後見契約には一律ではなく様々な種類があり、本人の置かれた状況や判断能力の程度に応じて適切な利用形態を選択することになります。

任意後見と法定後見の違い 

日本のような高齢化が進んでいる社会では、相続が行なわれる際に認知症や痴呆症などの症状を持った相続人がいることも決して珍しいことではありません。認知症や痴呆症の症状に関しては個々の人たちによってその症状の重さは異なってきますが、相続が行なわれる際に重視されるのが本人の意思能力となってきます。

仮に相続人の中に認知症や痴呆症などの症状を持った人がいたとしても、遺産分割協議を行なう際にその人を無視することはできません。しかしながら、意思能力のない、あるいは意思能力の欠けた人を遺産分割協議の場に参加された場合、他の相続人の考え方次第では自分たちに都合のいい遺産分割協議が進められてしまいかねません。

そのため、認知症や痴呆症の症状があり意思能力がない人に対しては、遺産分割協議において不利益とならないように成年後見人という制度が設けられています。この制度では自分で物事を判断することが難しい人に対して後見人をつけることができるため、自分の意思とは関係なく遺産分割協議が進められていくことを防ぐことができるようになります。

成年後見人には、『任意後見』と『法定後見』のふたつがあります。
前者の場合、本人の判断能力が低下してしまう前に信頼できる人物と契約を結んでおき、判断能力が失われた際には家庭裁判所に監督人を選任してもらうことになります。

『法定後見人』の場合、本人や親族等が家庭裁判所に申立を行うことで法律上で定められた後見人を選任してもらうことができます。