後見

現在が健康であるからといって将来までも同じような健康状態を維持し続ける保証はどこにもないのです。現在はとても健康で若者と同じように公道をすることができるような方でも、将来的に何らかの病気になってしまったりする可能性も十分にありえるのです。

また、痴呆症にかかってしまうというケースも有ります。そのようなときに、自分で判断をすることができなくなると、財産の管理などの問題が残ることになってしまいます。

そうした時には、きちんと財産を管理してくれる任意後見人というのを健康な状態のまま定めることができるのです。そうしておけば、もしも将来的に自分が痴呆症などにかかってしまって正常な判断能力がかけてきたとおもった時に、事前に定めておいた人によって財産の管理などを行ってくれるようになるのです。

そうすることで、自分が病気などになってしまった後でも安心をして家を管理して存続させていくことができるようになるのです。財産を持っていて、その人が判断能力にかけているというので、その人の財産に群がるというようなことも珍しくありません。
そうしたことを避けるためにも、なるべく、健康な時のあいだにそのような管理について考えておくべきでしょう。